インコの発情

ぴのこは、初めての産卵でこの間大変な目に合いましたが、だんだん復活してきたところです。

初めての産卵で、産道が狭かったんだそうです。卵詰まりで落丁寸前でした。

出てきた卵は、細長かったです。

(追記  2個目からは、全部もっと丸っこい)

元気そうに見えても最後まで、あわ玉から卒業できずにいたけれど

あわの穂をぶら下げてやったら食べ始めるようになりました。

やっと皮がむけるようになりました。

ケージに手を突っ込んでもいたくなかったのが段々力強くなりました。

発情には気を付けてるのですが、パパとお鼻をこつん(顔を近づける)しなくても

たかっているだけでちゃちほこポーズになってしまい、慌てて気をそらしました。

主人は前よりもぴのこを手に乗せないようになりました(笑)発情防止のためです。

しかし、ぴのこはどうしても発情したいみたいで、私にたかっている時に

「プッツプッツ!」

と言いだしました。こんなの初めて。

なんか、細長~くなり、顔怖い・・・ぎゅ~っと体が反りかえり

カチーンと体が固まってしまいます。ゾゾッ・・・

数日してお腹が大きいことが判明。

またか。

数日後、お腹が大きいのに、プッツプッツて、またなってる

今朝は、また、産もうとしていたときみたいに一瞬ワキワキして暑そうにしました。

前回は3時ごろだったけど、今は1時半です。

3時ごろ産気付くのでしょうか。

卵のたびに1000円かかってたらしょうがないよ!

今度は自分の力で産んどくれな!!

(追記 あれから卵はボコボコ産んでいますが、卵出しの手術を受けたことはありません。

またか!?とペットショップに連れて行くと、ただのデブ!と言われたり。

しかし、そのうち卵を産む時期であることには変わりないようで、数日すると卵をまた産んでいたりします。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »